〈塾長ブログ〉あえてセンター試験をネタにせず、私立中学校情報でまとめてみました!

 2020-01-23 / カテゴリー:塾長ブログ
こんにちは!
塾長ブログです(^^)/

先週のブログから1週間が経ちました。
各教室のブログを見る限り、センター試験の話題が続いていますね!
私もセンター試験のネタで書いてしまうと面白くないので、
ここは敢えて、先週に続いて私立中学校入試ネタで行きたいと思います(笑)

さて、宮崎市内には私立中学校が6校あります。
この中で日章学園中学校だけは、
スポーツや英会話などの一芸を持ったお子さんを募集している学校ですので、
中高一貫で大学入試を視野に入れた他の5校の私立中学校とは目的が違います。

そこで、今回の内容は日章学園中学校を除いた5つの私立中学校についてのお話です。

ちなみに日章学園中学校を除いた私立中学校とは以下の5校です。
( )は募集定員です。

日向学院中学校(130名)
宮崎第一中学校(100名)
宮崎日大中学校(105名)
宮崎学園中学校( 90名)
鵬翔中学校  ( 40名)

この5校の募集定員の合計は465名になります。
コレってかなりの人数ですよね!
県内には他にも私立中学校がありますから、
年間でかなりの人数が地元の中学校に通わずに、
私立中学校に進学しています。

そして、更に驚くべきは、今年の私立中学校の志願者数です💦

中学校ごとの志願者数はココでは紹介しませんが、
なんと合計で900名以上のお子さんが受験しています(◎_◎;)
倍率にすると約2倍です!
(学校ごとの倍率などを知りたい場合は、遠慮なくお問合せください!)

県立高校入試の倍率は県全体では1倍前後です💦
そう考えると私立中受験は圧倒的に難しいのです!

新小学6年生の皆さん!
私立中学校受験の可能性があるのなら、ぜひこの春から始めてください!
入試まであと1年もありません💦

また新小学5年生の皆さん!
特待生などを狙うなら、始めるならこの時期です。
計画的に勉強していきましょう!


そんなわけで、今回は私立中学校の倍率状況について、
簡単にお知らせしました(^^)

最後に、今日は神宮駅前校の様子を1枚だけご報告です。




お申込はこちらをクリック