保護者の方必見!叱り方をひと工夫してみませんか?

 2019-06-06 / カテゴリー:塾長ブログ

母「ねぇ、宿題終わったの?」
子「今からしようかとおもっちょったっちゃが!?」
母「あんた、いつもそんなこと言ってせんわー!
  早くしなさいよ!何時だと思ってるの!?
  だからあんたは成績も悪いしダメなのよ!」
子「うるせー!」
母「ちょっと!誰に向かってそんなこと言ってるの!?」

こんな会話が行われているご家庭、ありませんか?

もし、この会話のような状況だったら、
お子さんは勉強に対するやる気を失っているかもしれません。
なぜだか分かりますか?

この会話のお母さんは、
お子さんの人格的な部分まで否定してしまっているからです。

「あなたはダメ!」

このフレーズは、お子さんの人格・存在を完全に否定しています。
この状況を繰り返すと、「言葉の虐待」と捉えられる場合もあります。
もちろん親子では感情的になってしまうため、
「思わず言ってしまった!」という場合もあるでしょう。
その場合はきちんと「言い過ぎた」と謝らなくてはいけません。

上の会話の場合、
お母さんは「宿題をしていないこと」を叱りたかったはずです。
だから言い換えるならこんな感じです。


母「ねぇ、宿題終わったの?」
子「今からしようかとおもっちょったっちゃが!?」
母「あんた、いつもそんなこと言ってせんわー!
  早くしなさいよ!何時だと思ってるの!?
  〇〇ちゃんなら終わってるとおもったのになぁ」
子「分かったよ!今からするから!」
母「明日からは〇時までに終わらせなさいよ!」

行為を指摘し、人格は肯定する!

実はこれがとても大切です。
最近は打たれ弱い子が多いので、
言葉の言い回しは本当に気をつけなくてはいけません。

ちょっとした一言が、
その子の人生に影響を与えてしまうのです。

大切な子どもたちを大きく伸ばすためにも、
叱り方を工夫してみましょう!
感情的になりそうになったら、
ちょっとだけ深呼吸してから話してみましょう!


子どもたちは、保護者の方に認められた時が、
一番良い顔を見せてくれます!

私でよければいつでも相談に乗ります!
一緒にお子さんについて考えていきましょう!


お申込はこちらをクリック