毎日更新24・子どもは親の「言う」ようにならず、「する」ようになる

 2018-07-09 / カテゴリー:塾長ブログ
まずは「平成30年7月豪雨」で被害にあわれた方々に、
心よりお見舞い申し上げます。
豪雨の爪痕が非常に大きいですが、
一日も早い復旧を祈念しております。

さて、先日、ラジオを聴いていたら、こんな話が聞こえてきました。

「小学校の登校班の中に、お母さんから離れられない小学1年生がいて、
 朝なかなか学校に行きたがらないようでした。
 そこで、おせっかいかなぁと思いつつ、ママ友の方が迎えに行ったそうです。
 そうすると、その小学1年生はがんばって登校班に来れるようになったそうです。
 後日、ママ友のお子さんに「お母さんはすごいね!」と伝えると、
 今度はママ友のお子さんが、小学1年生の面倒を見ながら行くようになったそうです。」

その後、ラジオのコメンテーターの方が、
『子どもは親の「言う」ようにはならず、
 「する」ようになるんですよ』
と話されていました。
いやはや確かにウチの子を見ててもそうだなぁと反省しました。
この事例では良い方に「する」ようになっていますが、
悪いこともしてしまいますので、親としては考え物です。

やはり「子は親の鏡」
私も自らを省みながら、指導も子育てもがんばります!
保護者の皆さんも、悩んだらお気軽にご相談ください!

お申込はこちらをクリック