英語の入試改革も大変だけど、小学校の英語はもっと大変に!?

 2019-11-11 / カテゴリー:ソクラ赤江校
皆さんこんばんは。
来週から、多くの赤江校生の定期テストが始まることもあり、
今週はほんとに多くの生徒が勉強をしてくれます!
その様子はまた、お伝えできればと思います。

さて、先週は大学入試の件で記事を書きましたが、
それ以上に大変になるのではないかと思うのが
「小学校英語」です。
来年から教科化するのはご存じの方もいると思いますが、
内容や、どのくらいを目標にするのかを
ご存じの方は少ないのではないでしょうか。
まず一番私が驚いているのは、
「単語の量が多い」「文法をそこまで教えない」
この2つです。
前者は小学校の段階で600語程度を下限としているようです。
現在中学校3年間で1200字程度だそうです。
半分かと思うと思いますが、教科化するのは小学校5・6年生です。
この2年間で、授業時間も中学生の半分のなか、
600字を勉強するとのことです。
後者もそうなのですが、中学校の勉強ほどテストもない状態で
この勉強量なので、できる子とできない子の2極化が大きくなりそうです。

さらに大変なのが、中学校に入ってからです。
すでに中1ギャップという言葉があるように勉強についていけていない子が
多い状況で、小学校での内容に英語も入ってくることになります。
小学校・中学校の現場も対応に苦戦するのではないかと思います。

もちろん現在私が知りえている情報の中でのことなので、
ここから実施に向けていろいろ変わる部分があるかもしれません。
ですが、英語についての準備については
何かあったときに早めに相談できる場所を
探しておくのが肝要かと思います。
もし、ご相談が必要な場合にはご連絡ください!!
お申込はこちらをクリック