<ソクラ赤江校>入試だけで終わらない塾を目指して

 2021-12-01 / カテゴリー:ソクラ赤江校
皆さんこんばんは。
今週から12月に入り一気に寒さが来ています。
いよいよ今年も終わりを迎えますが
毎年毎年今年は早かったと言っています(笑)

さてこの時期は来年度のことも考えていく時期になります。
最近よく思うことに
「受験に受かるためだけの勉強になっていないか」
ということをよく考えます。
私も以前はとにかく塾に呼んでたくさん勉強道具を与えて
それをさせていく事をしていました。
ですが私立中を受験した中学生や
高校受験を経て普通科高校に入学した生徒の中で
明らかに自分で勉強する能力が足りない事があります。
これはソクラの塾生でもそうですが
小・中学生の時は他の塾に行っていて
高校生になってから入塾してくれた生徒でも多くいます。

もちろん目の前の目的を達成することは大切です。
生徒はそれに向けて全力で取り組んで、目の前のことしか見えない事もあると思います。
保護者の方も、自分の子どもの合格や特待などに集中すると思います。
なので、冷静に見れる私たちが目先のことだけでなく
本当の学力を身に着けるための指導をしていかなくてはいけないと考えています。

本当の学力とは自分で課題解決をできる力だと思います。
今自分の課題はどこにあり、それが正しいかを精査し
課題解決に向けて努力・行動をする。
そして課題解決ができたかどうかをチェックし
また次の課題解決に力を注いでいく。
この力は将来的に社会に出て必要な力であると思います。
それを身に着けるためのトレーニングが学生時代の勉強になるのではないでしょうか。

この話はあくまでも理想論です。
目の前の問題が分からない。
目の前のテストで点数が取りたい。
まずはその気持ちを解決していった先にこの理想が達成できると思います。
目の前の生徒に対し全力で取り組み
ゆくゆくは本当の学力を身に着けるように私たちもレベルアップが必要だと感じています。

無料体験詳しくはこちらお申込はこちらをクリック