<塾長ブログ>定期テストの結果を見てショックを受けた保護者の皆様へ

 2021-12-02 / カテゴリー:塾長ブログ
こんにちは!
塾長ブログです(^^)/

早速ですが今週は、
「定期テストの結果を見てショックを受けた保護者の皆様へ」
ということで、一緒に考えていきましょう!

さて、中学校によっては現在定期テストを終えたばかりとか、
結果が返却され始めたとか、
若干の差はあると思いますが、テスト結果を目にする時期になっています。

この時期の定期テストは多くの中学校で7月以来の定期テストの場合が多く、
夏休みや学校行事で勉強の意識が薄いところに、
とても広い試験範囲で行われるということもあり、
テスト範囲が出た段階で既に子どもはあきらめモード💦
みたいなことも多くあり得ますΣ(・ω・ノ)ノ!

そして状況からして当然ですが平均点が低く、
得点をみて更に子どもがやる気をなくすこともしばしば(>_<)

ましてや今年は新型コロナ第5波が収まったこのタイミング!
ということで、テスト前に修学旅行なんて中学校もありました(≧◇≦)

保護者の皆様も得点をみて「ヒッタマガッタ(;゚Д゚)」ケースもあるでしょう!
テスト前の様子を見てイライラした保護者の方はもちろん、
親子で大喧嘩したなんてこともあるかもしれません💦

そこで今日はアドラー心理学に基づいて、
「課題の分離」という考え方を伝授したいと思います(^_-)-☆

まず多くの保護者の方が感じているイライラについてです(^-^)
「ウチの子はテスト前なのになぜ勉強しないんだろう(# ゚Д゚)」問題!

イライラしますよね(>_<)
よく分かります💦
テスト前なのでソファーに転がってテレビを見ていたり、
ゲームをしていたり…。
でも結論から言うと、実は、イライラするだけムダなのです(+_+)

先程の「課題の分離」の考え方でいうと、
「勉強をする」という選択をするのは子ども本人の課題で、
保護者の方の課題ではないのです。

保護者の方の課題は「子どもが勉強しない」ではなく、
「子どもに勉強させられていない」ことなんですね!
そう考えると子どもに対してイライラするのはお門違いで、
自分に対してイライラしなくてはいけない訳です(^^;

そこで発想を変えて、
「子どもに勉強されるにはどうしたら良いだろう?」と考えてみましょう!

もしかすると勉強の材料がないのかもしれません。
部屋が散らかっていて勉強ができないのかもしれない。
兄弟がガヤガヤしていて集中できないのかもしれない。
目標ができれば勉強する子かもしれない。
お子さんの性格や周囲の状況によって様々なことが考えられます。

イライラした時はちょっと冷静に「課題の分離」(^-^)
そうすると、
お子さんが伸びるために保護者の方にできることが見えてくるかもしれません。
それでも上手くいかない場合は、私たちプロにご相談ください!

ソクラでは、「楽しくたくさん勉強できる個別指導塾」として、
お子さんの可能性を最大限に伸ばす指導を心掛けています。
「2週間無料体験授業」も実施中ですので、
お子さんが勉強を始めるキッカケづくりに、
ぜひご利用ください(≧▽≦)

以上、今週の塾長ブログ「課題の分離」についてでした(^.^)/~~~


無料体験詳しくはこちらお申込はこちらをクリック