<赤江校>本を読むことがなぜ良いことなのか

 2020-02-25 / カテゴリー:ソクラ赤江校
皆さんこんばんは。
県立高校入試まで残るところあと1週間です。
できることをしっかり行い、
体調に気を付けながら1週間を過ごしてほしいと思います。

さて今日は読書についてです。
色んな所で読書は良いことだから
ドンドンしていった方がいいと聞くと思います。
私もできるだけ時間を作ってしていきたいと思っています。
(中々実行できていませんが・・・)
そもそも何がよいことなのか考えたことがあるでしょうか。
私は良いと言われたことを実行する際に
何が自分にとって良いのかを考えることがあります。
こと読書については、私は2つのことがあると思います。

1.言葉などの知識を付けることができる
一番に思いつくのはここだと思います。
色んな文章を読むことで様々な言葉に触れることができます。
その中で知らない言葉を覚えていく事も出来るでしょう。
本を読むと国語力アップにつながるのは、これが大きな理由になります。

2.様々な価値観に触れることができる
世の中には無数の本があり、その本1冊1冊に作者がいます。
その作者の考えや価値観、さらにはその時代の常識にも触れることができます。
もちろん物語の中では様々な登場人物がおり
その気持ちを読み取ることもできます。
もちろん自分の学力や読解力を上げるために本を読むのはいいことですが、
普通に生きていれば会えない人の
考えや価値感に触れることも楽しんでほしいと思います。

是非いろんな本を読んでいきましょう!!
無料体験詳しくはこちら お申込はこちらをクリック