2020年に向けた準備が始まる!ちょっと運営のお話です!

 2019-09-06 / カテゴリー:塾長ブログ
昨日はブログに何を書こうか考えた挙句、
考えがまとまらずに諦めた塾長です。
1日更新が遅れてしまいました。
申し訳ありません。

一日伸ばした分、良い記事になるかと言えば微妙ですが、
今日は少し塾の運営についてのお話です。

夏休みが終わり9月の1週目も後半になりました。
少しずつ日常を取り戻しつつあります。

今年は、何度かブログでもご紹介した通り、
受験生の募集が多く、現在定員に達しています。
最近の宮崎県の受験生は、
入塾時期がどんどん遅れてきていて、
夏の段階で定員に達している学習塾はまだ少ないと思います。
そういった状況で、現状3校とも定員いっぱいという結果は、
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
「合格」という結果で恩返しできるように、
最大限努力していきたいと思います。

一方で9月を迎え、
私たちは来年度に向けた準備を始める時期になりました。
要項の見直しや細かいオペレーションのチェックなど、
9月、10月で内容を精査して固めていきます。
そして11月、12月である程度作成物の叩き台を完成させます。
そのくらいのスピード感をもって運営していかないと、
現代の塾業界では生き残れません。

加えて大切なことがあります。
それは、内容を精査するうえで、
「わかりやすい塾になっているか?」
ということです。

授業はもちろんですが、
保護者の方や外部の方が見たときに分かりやすい塾かどうか・・・。

実はこれは簡単そうで、なかなか難しいことです。
何故なら、今年度を反省して内容を精査するときに、
新しいものを加えれば加えるほど、
内容が複雑になって分かりにくくなります。
何か新しいものを加えるなら、
何か既存のものを辞めなくてはいけません。
しかしずっとやってきたことを辞めるのは、
本当に勇気が必要です。
業務のバランスや整合性を考えながら、
シンプルな仕組みにしなければなりません。

これは授業にも言えることです。
詳しく教えようとすればするほど、教える量が増えて複雑になって、
教わる側からすると分かりにくくなる・・・。
内容を精査し、無駄を省いてシンプルに伝えられるかが大切なのです。
この発想は、授業のオペレーション作成でも生きてきます。

これから先も、一人でも多くの生徒、保護者の皆さんに、
「ソクラは良いよ!」
と言っていただけるように頑張ります!

また、人材の育成もとても重要です!
現在ソクラで働く先生は約60名になりました。
一人ひとりが担当生徒の成績アップを目指して、
指導できる先生にならなければなりません。
12月に大きな研修会を行う予定で準備を始めていますが、
先生が一つの商品ですから、
成長を促していきたいと思います。


写真は前回の講師研修会の様子です。
12月はこれ以上に有意義な研修会にしたいと思います。

長くなりましたが今回の塾長ブログはここまでです。
来週もお楽しみに!(していただけるとありがたいですw)

 お申込はこちらをクリック