何かを変えたいと思うならどうしたら良いか?!

 2018-08-11 / カテゴリー:お知らせ
夏期スクーリングの前半戦が終了しました!
塾生の皆さん、よく頑張ったと思います。
「成績を上げたい!」「自分を変えたい!」と思うなら、
自らの行動を変えるしかありません。
今までのやり方を変える、環境を変えるなど、
これまでとは違う自分にできるように、
絶えず変化が必要です。

一方で、「他人を変えたい!」「状況を変えたい!」と思うこともあります。
「成績」や「自分」といった自らの努力ではどうしょうもないような、
「自分以外を変えたい!」という気持ちです。

一見、難しいように見える「他者を変える」ということですが、
実はこれも「自らを変える」ことで変化が生まれてきます。

例えば、中学生のお子さんが「母ちゃんは口うるさいから変わってほしい!」
と思ったとします。
直接、「母ちゃんは口うるさい!」と抗議しようものなら、親子喧嘩で大炎上です!
辞めた方が良いでしょう。
そこで、「なぜ、母ちゃんが口うるさいのか?」と考えて、
「夏休みの課題が進んでないからだ!」と結論付けるなら、
とりあえず「朝起きたら3ページずつ宿題をする」という行動を変えて見せれば、
「口うるささ」は減っていくでしょう。

逆に保護者の方がお子さんを変えたいならば、
やはり保護者の方が行動を変えるしかないのです。

勉強しないお子さんを見て「勉強しなさい!」と叱っても効果はありません。
叱る以外のアプローチを考えて実践しなければ変わらないのです。
まずはできるだけコミュニケーションです。
お子さんが乗ってくる話は何でしょうか?
せっかくのお盆休みです。
少し多めに時間を取って、お子さんとゆっくりお話しすることをオススメします。
お子さんの知らない一面、成長した一面を一つでも多く見つけることができたら、
きっと今後、少しずつ良い変化が生まれると思いますよ!

夏期スクーリング後半は8月20日(月)からです!
ケガなく、事故なく、皆さんの顔を見れることを楽しみにしています!

お申込はこちらをクリック